特集 インタビュー コラム
インタビュー

新卒訪問看護師に聞いてみました! vol.2 新卒者から「先輩」になって思ったこと

新卒訪問看護師に聞いてみました! vol.2 新卒者から「先輩」になって思ったこと

前回「新卒訪問看護師に聞いてみました! vol.1 新人看護師が感じていること」の記事で、新卒から訪問看護の世界に飛び込んだ3名の看護師の声をお伝えしました。今回は、その3名がキャリアを積んでから感じたこと、新卒者が訪問看護に携わることに対しての思いを取り上げます。

先輩になった今、後輩にしているサポートは?

職業を問わず、最初は新人であっても年月を経るにつれて経験を積み、次第に教える立場になっていきます。では、3名の新卒者は自分が先輩の立場となり、後輩をどう支えているのでしょうか?


Aさん・訪問看護歴6年
「最初は分からないこと自体が分からないと思うので、自分や歴代の新卒者さんがどのような勉強をしたかを伝え、誰もが同じようにできなかったところから乗り越えていることを伝えるようにしています」

Bさん・訪問看護歴6年
「まずは相手の思いや考えを聞き、一旦受け止めます。そして、できていることは些細なことでも言葉にして伝えています」

Cさん・訪問看護歴7年
「相手のできていないところばかりではなく、できているところはそのまま認めて、フィードバックすることを大切にしています。また、後輩の話を聞くときは、必ず手を止めて聞きますね。そして後輩が考えている時には待つ。答えをいわないようにして、後輩が自分自身で考えられるようにしています」

まずは後輩の思いや悩みを受け止める、という点は3名に共通しています。これには理由があり、自身の経験が少なかったころに「もう少し振り返りの時間がほしかった」(Bさん)、「自信を持てるような声かけ、フィードバックがほしかった」(Cさん)と感じたからだそうです。これから新卒者を迎える管理者、先輩看護師の方は、じっくり話を聞く時間を設けると良いかもしれません。

新卒を受け入れるために必要な環境、体制、心構えは?

未経験の人が訪問看護ステーションで働き、成長していくためには、何が必要なのでしょうか。大きく分けて、「新卒を受け入れる心構え」と「技術を学ぶ場」の2点が挙がりました。

Aさん
「教育担当者や所長だけでは受け入れる側の負担も大きくなってしまうため、スタッフ全員で新卒を育てる気持ちが大切だと思います」

Bさん
「看護技術・手技の勉強と復習を行いやすい環境が大切だと思います。受け入れる側の心構えとして、新卒でもできる、応援しているというスタンスが必要ではないでしょうか」

Cさん
「受け入れる側の心構えとして『できなくて当然。時間がかかって当然』『新卒ウェルカム!』という余裕は必要だと思います。看護技術取得ができるような体制づくりも必要だと考えます」

新卒だからこそ、いち早く技術を習得して少しでも先輩方に追いつきたいもの。技術取得のための体制については、「大きめのステーションのほうが教育・体制面が整っている傾向にありそう」(Cさん)といった声も聞かれました。

「新卒からの訪問看護」にはどんなメリット・デメリットがある?

最後に、新卒者が訪問看護に携わるメリット・デメリットを聞いてみました。


Aさん

メリット
・さまざまな先輩看護師と同行訪問することで、多様な看護観に触れられる。
・一般常識が身につく(医療・介護物品などのコスト意識、訪問先のご自宅や外部連携でのマナーなど)。
 
デメリット
・手技の獲得やひとりだちまで時間がかかり、ある程度自信をもって訪問できるまでは不安や劣等感を感じやすい。
・事業所の教育体制によっては、ひとりで訪問する重圧、不安が大きい可能性がある。



Bさん

メリット
・利用者さんの生活や人生の一部に入り込むことができる。加えてもらえる。
・医療者や支援者の知識が必ずしも正解ではないことを、利用者さんを通して気付ける。
 
デメリット
・病院に就職した同期と比較してしまうと、スピード感の違いに落ち込む。
・新卒訪問看護師への偏見がまだある印象がある。



Cさん

メリット
・夜勤がないため生活リズムが整いやすいこともあり、それによって『しんどいからやめたい』という看護師は少ないように思う。
・キャリアが広がる印象がある(管理者、大学・大学院の教員、ケアマネ取得など)。
 
デメリット
・スタッフのマンパワーが必要なケースが多い。
・ステーションによって教育のしかたやスタッフの関わり方・雰囲気、利用者さんの受け入れ幅などが異なるが、新卒訪問看護師向けの情報が少ない。

「新卒からの訪問看護」は、乗り越えるべき課題がありますが、今回お話していただいたかつての新卒者の方々も、現在では一人前の訪問看護師として立派に仕事をこなしています。

新卒者を募る場合、訪問看護のメリットをアピールしつつ、ステーションとして新卒者の悩みや課題に向き合う姿勢を示してみてはいかがでしょうか。

記事編集:NsPace編集部

この記事を閲覧した方におすすめ

× 会員登録する(無料) ログインはこちら